生命保険は遺族のために

生命保険は、多種のものと違い加入者が恩恵を受けるものではありません。命を取り戻すことはできないので、そんなものには意味がないと考える人も多いです。では何のためにお金を払うのか。それは、自分が死んだあと残される人のためです。他の種類のものとは根本的に違い、思いやりの心によって加入するものなのです。自分が死ぬことで、周りの人はどれくらい金銭的に困るのだろうか。それを考えることがスタートとなります。保険の全般についても言えることですが、これがベストなやり方だというものはないので、自分に問う必要が出てきます。

制度と支払い期間について

終身保険とは、対象となる人が死亡もしくは高度障害状態になった場合に契約時に設定された金額が遺族に支払われるというものです。非常にシンプルなもので、どの会社でも特約などを省いたこれだけの契約を結ぶことができるはずです。生涯の間ずっと保障されるので、確実に遺族がお金を受け取ることができます。掛金を支払う期間は、20年や60歳まで、1回で支払うものや生きている間ずっと払い続けるものなど様々です。支払い方法を保険の目的に応じて選択すれば、その人にとって効率のいい加入となります。よくよく考えることが大切になります。

新着情報

2015-04-16 保険相談ならFPへが更新されました。
2012-12-05 海外旅行保険とはが追加されました。
2012-12-05 海外旅行保険の必要性が追加されました。
2012-12-05 終身医療保険とはが追加されました。
2012-12-05 トップページが追加されました。

生命保険に関する情報